夫婦

マンション売却がしやすいエリア|上手に賢く取引しよう

競売を避けるための方法

ウーマン

早めに自分で家を売却する

家計の中で負担が多いのが住宅ローンです。当初は順調に支払ができても、子どもが成長して教育費がかかったり、夫の会社が不景気で給料が減ることもあります。色々な事情で借金がかさんで毎月の住宅ローンの返済ができなくなった場合、早めに任意売却をすることが大切です。住宅ローンの滞納が続くと住宅を差し押さえられて強制的に競売にかけられます。競売にかけられる相場の3割ぐらい安く売られてしまいます。それを防ぐには自ら家を売りに出す任意売却をした方が有利なのです。相場価格で売ることができますし、大阪のような都会では相場より高く売れることもあります。任意売却によって高く売れれば借金の返済もできますし、当面の生活費を得ることができるメリットがあるのです。

役所の窓口で相談をする

競売と違って任意売却の特徴は一般の家を売りに出すのと同じなので、不動産市場の相場で売れるという点です。そして大阪のような都会では地価が高いので、任意売却をした方が高く売れる可能性があります。競売にかけられると裁判所によって価格が公示されますから、大阪の同じようなエリアの物件がいくらぐらいで売却されているかをネットで調べると違いがよくわかります。任意売却をする場合は個人でもできますが、銀行などと話し合いをする必要があります。弁護士などの専門家に依頼すればスムーズにことを進めることができます。また大阪などでは区役所や市役所でも相談窓口があるので、とりあえずそれらを利用することです。滞納してからでは遅いので、なるべく早めの決断が大事です。